Copy
このメッセいーじをブラウザーで見る View this email in your browser
DMI 国際ろう者支援協会
Deaf Ministries International

メールのアップデート
Email Update
年4回のニュースレターの合間に、重要なニュースがある時、短いメールを読みたい方がいるだろうと思いましたので、このメーリングリストを作りました。送信されたくない、または別のアドレスに変更したい場合、一番下にあるリンクを利用してください。
During the time between the quarterly newsletters, we thought you might like to receive important news by email, so we created this mailing list. If you don't want to receive these emails or would prefer a different address, you can change your preferences using links at the bottom of the email.
Pindaw Oo Deaf Church in Myanmar, 2019
(English is below Japanese)

状況、未だ改善されず

(2021年5月現在)ミャンマーは依然として厳しい状況にあります。私たちのリーダーであるパ・リアンは、多くの人がそうしているように、家族とともにインド国境近くのチン州に逃れました。しかし、そこでも状況は改善されないため、さらに遠隔地に避難し、現在は一時的に連絡が取れなくなっています。ヤンゴンを離れる前に、彼はわずかな資金をカレイの学校の先生たちに送りました。地元のYWAMからは米60袋、油、卵、パック麺などが教会に寄付されました。ナイン・ナイン・キョウ牧師は、これらを現地に残っている教会員に配りました。銀行がまだ閉鎖されているため、私たちの資金を現地で引き出すことができません。ニーズは高いのですが、これ以上の送金を一時的に停止しています。状況が安定し、銀行が再開したら支援を再開する予定です。

カレイのミュアーろう学校は3月初旬に一時的に再開し、14人の子供たち(ろう者7人、聴者(近所の子供たち)7人)が通いました。ソー・マンデイをはじめとする教師たちは素晴らしい仕事をしてくれましたが、社会不安の高まりから学校は再び閉鎖されたと考えられます。知る限りでは、私たちが世話をしている子供たちは、コロナウイルスや紛争での危険にさらされておらず、そのことに深く感謝しています。ヤンゴンとピンダウオのろう者教会、そしてカレイの学校に通う生徒とスタッフのために祈り続けましょう。

Myanmar: Situation not improving

(As of May 2021) The situation remains grim in Myanmar. Our director Pa-Lian has fled with his family - as many are doing - to the Chin state near the Indian border. However, the situation is no better there, so they have left for an even more remote area and are now temporarily out of contact. Before he left Yangon, he sent what little funds he had to the teachers at the school in Kalay, and the local YWAM donated 60 bags of rice, oil, eggs, and packages of noodles to the church. Pastor Naing Naing Kyaw has distributed these to church members remaining in the area. The banks are still closed, so our funds can no longer be withdrawn over there. We have temporarily suspended sending any more, though the need is great. We will resume support when the situation stabilises and the banks reopen.

The Muir School for the Deaf in Kalay did open again briefly in early March with 14 children (7 Deaf and 7 hearing (neighbourhood kids)). Saw Monday and the other teachers did a stellar job pressing on, but we believe school has now been suspended again because of the increasing social unrest. As far as we know, none of those under our care have been harmed by COVID or civil dangers, and we are profoundly grateful for that. Let’s continue to pray for the Deaf churches in Yangon and Pindaw Oo, and the students and staff attending the school in Kalay.


メールの設定 Update Preferences | 配信停止 Unsubscribe

Email Marketing Powered by Mailchimp