Copy
Lucky Brothers & co. Mail Magazine #23
View this email in your browser
こんにちは、下津曲です。

今年は久しぶりに鹿児島で夏を過ごすことになりそうです。
鹿児島というと「南国」のイメージがあって「さぞ、暑かろう」と思われるかもしれませんが、正直、東京と比べると乗り切るのはイージーだったりします。

というのも、都心のようにビルがたくさん立っているわけではないので、コンクリートジャングル独特のモワ~っとした不快な暑さがあまりないんですね。あるとすれば、シンプルに頭上にさんさんと降り注ぐ日差しが熱いくらいです。

似たような話でいうと沖縄もそこまでめちゃくちゃ暑いわけではないと言いますよね。特に田舎は風がしっかり通るから、日陰にいればむしろ涼しいくらいだと聞きます。

…というわけで、いつものように天気の話から始まりましたが、今回のメルマガも最後までお楽しみください!



1. 自分たちの事務所を構えてみて分かった変化

今年の2月末に事務所を構えて、3ヶ月以上が経ちました。



それまでは、渋谷のco-baというコワーキングスペースで仕事をしており、オフィスを借りて仕事をするというのはもちろん初めてです。ですので、やはりそこには様々なギャップがありました。

今回のメルマガでは、自らオフィスを借りて発見したことについて主に書いてみようと思います!



1.備品がない!


まず、真っ先に感じたはコレ。とにかく「身の回りの備品がない!」というのが入居して数日の感想でした。

この記事にも書きましたが、ホワイトボードなんてもちろんありません。それどころか、

・机
・椅子
・冷蔵庫
・掃除機
・電子レンジ
・クイックルワイパー
・電話機
・電話台
・ゴミ箱
・ハンドソープ
・ペーパータオル
・トイレットペーパー
・便座カバー
・トイレ用洗剤
・キッチン用洗剤
・食器類(コーヒーを飲むコップとか)
・ティッシュ
・ゴミ袋
・ハンガー

…などなど、これらすべてありません

当たり前といえば当たり前ですが、co-baにいた当時はこのどれもがすでに用意されている状態だったので、何も考えずに済んでいました。けれど、一からオフィスを借りるとなるとすべて買い揃える必要があります。

もちろん、備品の購入は想定はしていましたが、毎日のように細かく必要なものが積重なってくるので「これは大変だな…」と。でも、それがないと仕事にならない、というものも多く、どうしても揃えなければならないのです。。

いまはほとんどある程度必要なものは揃い、不自由なく仕事をすることができていますが、初期費用としてはなかなか無視できない額でした。



2.無意識に、いつもベストな環境で作業ができる



これはすごく大きかったです。

コワーキングスペースで仕事をしていた頃は、「フリー席プラン」というプランで契約をしていました。フリー席ということで、「どの席に座っても良い」というルールだったのですが、逆に言うと人が大勢来ているときは好きな席に座れなかったり、最悪入れなかったりします。
(少し高い料金を支払って固定席のプランを契約すると、そういう心配はなくなりますが。)

あとはカフェ。
カフェでの作業も、正直「作業するのにベストな環境」とは程遠いでしょう。Wi-Fiも安定しないし、長時間使用するのも難しい、また席だって必ずしも作業しやすい席に座れるとは限りません。

そういう意味で、「なにも考えず(無意識的に使える)に安定したベストな作業環境がある」という状況は、オフィスを借りたからこそ得られたことだと思います。ここで「無意識的に使える」というのがポイントで、「朝起きてとりあえず15分自転車を走らせると作業できる場所がある」というのはすごく恵まれているんですね。「今日はどこで仕事をしようかな?」という余計な悩みが一個消えるわけです。その「ウィルパワー」と取り去るだけでも、月に何万円も近く払っている価値はあるかなと。



3.人を呼んで話ができる



例えば「鹿児島で仕事をしているんですね! 一度お話しましょう!」ということになるじゃないですか。
そういうときに、オフィスを持ってないとだいたいカフェとかになるわけです。実際、渋谷にいた頃はほとんど毎回そうでした。ちょっと込み入った話は、施設にお金を払って会議室を使わせてもらったりとか。

そういうときに、自分たちのオフィスという「ホーム」があるとすごく便利です。なんだろう、すごく当たり前のことを書いているような気がしているんですが、本当に便利なのです。「鶏が先か、卵が先か」みたいな話ですが、「オフィスができたので遊びに来てください」とも言えます。

あと、僕らの例ですがたいていお客さんがいらっしゃるときはペーパードリップでコーヒーを淹れてお出しするので、コーヒーを淹れるのがうまくなります。笑 



4.お金がかかる



当たり前ですね。普通のことです。

僕らが借りた物件は、いわゆる「デザイナーズマンション」の一室で、普通に居住用の物件です。なので、毎月いくらという家賃と、別に敷金礼金といった初期費用が掛かってきます。その初期費用が、まー高い。びっくりするくらいお金が飛んでいきます。

一方で、コワーキングスペースの場合は初期費用自体は同じくありますが、額は抑えられています。賃貸で借りた場合が6ヶ月分の家賃くらいだとすると、コワーキングスペースはだいたい1.5〜2ヶ月分くらいだったように記憶しています。良心的!

もしこれが、なにかの間違いで「固定費を支払うために頑張って働く」みたいな状態になるとかなりしんどいことになると思いますね。いまはまだ全然そういう感じではないので幸いですが。

▼▼▼▼▼▼▼▼

ざっとまとめてみました。だいたい思いつくのはこんな感じでしょうか。

こうしてみると、コワーキングスペースが小規模事業者にとってどれだけ優れているかがわかると思います。実際、備品等が揃っていて、いつも清潔にされていて、利用料も月数万円程度、ということを考えるとコワーキングスペース(特に都心の)はめちゃくちゃ優秀だと思います。

それでも、たしかに自分たちのオフィスを借りるメリットもあるので、同じ状況で悩んでいる方、これから悩みそうな方はぜひ参考にしてみてください!



最近更新したブログ
毎日更新している会社ブログ『ラキブラブログ』の中から、この2週間の間に特に読まれているエントリをご紹介します。

ブログが長いときは伸び悩んでいるとき?
ブログを毎日のように書いていると、日々の自分の変化に敏感になります。

「なんか最近はいい感じだな」と思うときはやはりそれがブログの内容にも現れているし、その逆もまた然り。これはブログに限った話ではなく、勉強でもトレーニングでも同じことが言えるでしょう。いずれにせよ、その域に達してはじめて継続していることの価値が生まれるんだろうなと思います。

ブログの内容が薄かったりすると、「最近調子悪いのかな?」と思われるかもしれませんが、僕の場合はむしろ逆です。ブログの内容が薄いときはガシガシ前に進んでいるときです。そして、ブログが長かったり重い内容を書いているときには、自問自答タイムに入り込んでひたすら悩みに耽っている時期なのだと思います。

■ いい仕事をするために「時間的余裕」は不可欠。
これは常に意識したいと思っている仕事に対する姿勢の話です。

仕事を抜きにしてもっとラフに表現すると、「焦りたくない」という思いが根底にあります。個人的に「やばい、遅刻するかもしれない」というときに生まれる焦りがすごく苦手で、これから死ぬまでにできる限りそういうシチュエーションに陥りたくないなと思いながら生きています。

時間的余裕がないと、チェックがおろそかになり、細かい点に目が行き届きません。また、新たなアイデアを思いついてもそれを実行するだけの時間がないと意味がありません。同じく森博嗣さんの著書に「『良い仕事』とは、なんの手応えもなく余裕を持って終えられる仕事」という趣旨の言葉があり、これが僕が目指したい、目指すべき仕事の在り方だなと再認識しました。


■ 作り手はどうしても客観的視点が弱くなる
これは、編集者/ライターの関係でも全く同じことが言えそうです。やはり、どれだけ優秀な書き手でも、その上からマネジメントしたりコメントをくれる編集者がいないと本来の力は発揮できないのだと思います。

自分一人で作り込んでしまうと、どうしても客観的視点が薄れていってしまい、ほんの簡単な欠点ですら見落としてしまうこともあります。そういうときに、制作物に関してフラットな視点を持った人が近くにいて、時折客観的な視点をくれるだけで、スタビライザー的な役割を担ってくれます。

これが1人でできればいいんですけどね。1時間ごとに休んで視点を無理やり切り替えたりすると、できるんでしょうか。



おわりに

この2週間は、来週以降にリリースするウェブサイトの制作や、自社事業におけるさまざまな準備に取り組んでいた期間でした。

地味に、けれど着実に歩みを進めたというと聞こえはいいでしょうか。

それでは、次回はまた2週間後。336時間後ですね。こう単位を変換するとすごく近く感じますね。

ではでは!
 

■ Lucky Brothers & co. 公式サイト
http://lucky-brothers.co.jp/

■ Lucky Brothers & co. Facebook
https://www.facebook.com/LuckyBrothersCo/

■ Lucky Brothers & co. Twitter
https://twitter.com/LuckyBrothersCo

■ Lucky Brothers & co. Blog
https://blog.lucky-brothers.co.jp

シェアしてくれるとめちゃくちゃ嬉しいです!
シェア
ツイート






This email was sent to <<メールアドレス>>
why did I get this?    unsubscribe from this list    update subscription preferences
Lucky Brothers & co. · shimotsu@lucky-brothers.co.jp · TOKYO, JAPAN 1500002 · Japan

Email Marketing Powered by Mailchimp