Copy
3rd March 2015

「巣」とともに、街へと羽ばたこう

あたたかくなってきた。理由もなく、街へと出かけたくなりはじめる季節だ。まず、ぼくはスマートフォンと財布をズボンのポケットへと押し込む。でも、できればノートパソコンとモバイルWi-Fiルーターも持って街へと出かけたい。

でもぼくはノートパソコンとモバイルWi-Fiルーターをお供に勝手気ままに街へと出かけられない。安心して持ち運べるかばんをもっていないのだ。

でも、最近、ぼくはぼくを街に駆り立てくれるすてきなかばんに出会った。”Carrynest”というmade in Japanのブランドが作ったかばんだ。

”Carrynest”のかばんはすべて鳥の「巣」をイメージして作られている。

交互に革を編みこまれたようなスタイリッシュなデザイン。これは鳥の「巣」に編み込まれた小枝たちが調和している様子をイメージしてる。しかしおどろくべきことに、このかばんの前面は編みこみによって作られてはいない。一枚革を折り紙のように織り込んで作られている。そこで継ぎ接ぎや折込がない。想像を絶する技術力と発想力。

かばんの前面部分はとにかく柔らかい。これは鳥の「巣」があたたかくたまごや小鳥を包み込むことをイメージしている。そのために羊革の一枚革を贅沢に使用。だから、とにかく柔らかく、軽い。おもわずほおずりをして、スキップをしたくなるほどだ。

このかばんはとにかく強靭だ。これは鳥の「巣」が力強く、外敵からたまごや小鳥を守る様子をイメージしている。安心感の実現ために、かばん各所に強力な素材が使われている。まずは背面部。強力な衝撃吸収剤が組み込まれている。それ以外にも各所に再生ペットボトルを原料に含む強力なコーデュラ素材(CORDURA®) や、歴史ある日本製の高品質な帆布素材が使用されている。ぼくの大切なノートパソコンとモバイルWi-Fiルーターをあらゆる衝撃からきっと守ってくれるはずだ。

"Carrynest"は、ぼくを街へと駆り立てる。そう、"Carrynest"とともにぼくは街へと羽ばたくのだ。

このメールはMONOCOのメンバーに登録していただいているお客様に配信しています。
メールの配信停止はこちら